Entry

徳永英明のカヴァー・アルバム『VOCALIST』の大ヒットで注目される企画アルバム

  • レコード・コレクターズ 編集部
  • 祢屋 康

 最近、カヴァー・アルバムが話題になることが多いという。8月に発売されたシンガー・ソングライター 徳永英明のカヴァー・アルバム『VOCALIST 3』がオリコン・チャートでトップに立ったというのは僕も朝のワイドショー番組で見てなんとなく知ってはいた。

 ちょっと気にして見てみると、7月には作曲家の筒美京平のカヴァー集『popular music─筒美京平トリビュート』(山崎まさよし、柴咲コウ、徳永英明、ゴスペラーズらが参加)が発売、10月には『服部良一 生誕100周年記念トリビュート・アルバム』(小田和正、さだまさし、福山雅治らが参加)という日本を代表する作曲家のカヴァー・アルバムが2種も発売されていたりもする。


『popular music─筒美京平トリビュート』



『服部良一 生誕100周年記念トリビュート・アルバム』

 さらに同じく10月には80─90年代に活動したロック・バンドのユニコーンと奥田民生(元ユニコーン)のそれぞれのカヴァー・アルバム『ユニコーン・トリビュート』と『奥田民生カバーズ』が同時に発売、シンガー・ソングライターのあがた森魚が35年前にヒットさせた「赤色エレジー」のカヴァー集『赤色エレジーマニア』(緒川たまきwith鈴木慶一、曽我部恵一と藤田陽子ほか)も出る。坂本龍一がエイベックスと立ち上げたレーベル、コモンズからは唱歌のカヴァー集『にほんのうた』(三波春夫+コーネリアス、坂本龍一+中谷美紀など)、ソニーからは南佳孝、オレンジペコーらが参加したブラジルの作曲家、アントニオ・カルロス・ジョビンのトリビュート盤『ジョビニアーナ ─愛と微笑みと花』なども発売となっている。今月は特に多いのかもしれないが、ちょっと驚くほどの発売枚数だ。


『赤色エレジーマニア』

 そもそも「カヴァー」とはもともと他の歌手が歌った曲を別の人が歌って発表すること。英米では昔、ヒットした曲を何年か後に別の人が歌って大ヒットにするようなことがしばしば起こるから、もともと洋楽のそういう「カヴァー・ヴァージョン」という言葉が日本でも使われるようになったのだろう。

 僕がこの言葉を初めて聞いたのは山下達郎がやっていたラジオ番組でのことだと思う。個人的に「カヴァー・アルバム」と聞いてまず思い出すのはその山下達郎が作った80年の『オン・ザ・ストリート・コーナー』というアルバムだ。これは山下達郎が愛してやまないアメリカの50─60年代のドゥー・ワップやポップスをアカペラでカヴァーした企画アルバムなのだが、そもそもアカペラでカヴァーするという手法の珍しさ、有名曲と無名な曲(こちらの方が多いか?)をとりまぜた選曲の妙、オリジナル版に対する愛情の表出具合など、カヴァーのお手本のようなアルバムだ。

 カヴァー/トリビュート企画アルバムの一番の楽しみはやはり、元の曲をどのように料理しているか、どの曲を選んでカヴァーしているのかということになるだろうか。なかなか実際にはオリジナルを越えるカヴァーはないのが世の常だが、もともとの曲は良いので肩肘張らずに楽しめるのがいいところでもある。

 10月に発売されるものの中でアイデアが一番ユニークなのは、あがた森魚の「赤色エレジー」1曲を12組のアーティストがカヴァーした『赤色エレジーマニア』だろう。これは世界的に見てもかなり珍しい企画といえる。今の時代らしくカヴァーというよりもほとんど“リミックス”のようで、通して聞いても同じ曲がずっと続いているようには思えない。

 服部良一や筒美京平、アントニオ・カルロス・ジョビンのものは、作曲家のトリビュート作ということで真正面からのアプローチという感じだが、それぞれ名曲も数多いから自分の好きな曲のカヴァーがどうなっているのか、まず聞いてみたくなる。

 『服部良一 生誕100周年…』では井上陽水の「胸の振り子」がジャズっぽいバックで、いつもの調子ながらやはり素晴らしい。さだまさしの「一杯のコーヒーから」が本格的なボサノヴァ・アレンジで外国人風(?)に歌われているのにはびっくりした。

 ユニコーンと奥田民生のものはデビュー20周年を記念しての発売。この世代のものもトリビュートの対象になるようになってきたということに(まあ当然なのだが)、ほぼ奥田民生らと同世代の僕はまず驚いてしまった。

 アメリカのジャズ・シンガー、エラ・フィッツジェラルドやサラ・ヴォーンなどが数多く作っている作曲家ごとのアンソロジー的なもの(コール・ポーター作品集やガーシュウィン作品集などのような)は、日本の作曲家ではあまりないような気がする(70年代には雪村いづみがキャラメル・ママをバックに服部作品をアルバム一枚カヴァーした『スーパー・ジェネレイション』という名盤がある。これも7月に再発された)。


『スーパー・ジェネレイション』

 にぎやかなオムニバスもいいが、作曲家の曲そのものに集中できるので、一人の歌手によるそういう作品集がもっとあってもいいかなとも思う。

 

【関連情報】

○80s─90s カバー・ソング・データベース
http://www2.plala.or.jp/wasteofpops/cover/coverslist.htm


○BARKS NEWS  2007/01/02
 <歴代ベスト・カヴァー・ソング>ランキング
http://www.barks.jp/news/?id=1000029124


○ ORICON STYLE 「5年越しで実現した中森明菜の悲願」2006/12/28
 今では、徳永英明のカバー・アルバムが評判になっていますが、明菜の
 『歌姫』は、そのカバー・アルバムのブームを作ったシリーズだった。
http://www.oricon.co.jp/news/anime/40897/


○ ORICON STYLE 2007/10/23
 「服部良一、生誕100周年記念作で作家史上初の快挙!」
http://contents.oricon.co.jp/news/rankmusic/48971/


○ ORICON ブログ
 『VOCALIST 3』ヒットに因みカバーアルバムにフォーカス  2007/08/31
 セルフカバーを除いたカバーアルバムの首位は意外に少なく、今回の徳永英明
  までで全7作だけ。その中で唯一の2枚組作品が椎名林檎『唄ひ手冥利 其ノ壱』だ。
http://blog.oricon.co.jp/ranking-bancho/archive/43/0


○小心者の杖日記 2007/09/10
 オムニバス「筒美京平トリビュート the popular music」
http://www.outdex.net/diary/archives/2007/09/_the_popular_music.shtml


○bounce.com  2007/10/18
 アントニオ・カルロス・ジョビンに捧ぐ
 生誕80周年を記念して、〈やさしき巨匠〉に捧げるスペシャルな作品が続々と登場!!
http://www.bounce.com/interview/article.php/3775


○ARMAZEM KEI の日記 2007/10/06
 「雪村いづみスーパー・ジェネレイション」
http://blog.livedoor.jp/ondotec_555/archives/51134937.html


○アポストロフィーS  2007/09/21
 雪村いづみ+服部良一+キャラメル・ママ『スーパー・ジェネレイション』
http://d.hatena.ne.jp/one_one/20070921


○ほぼ日刊イトイ新聞  2007/08/27
 「みんなCM音楽を歌っていた」
http://www.1101.com/cm_ongaku/index.html

 

▼徳永英明

○livedoorニュース 2007/08/22
 「徳永英明、カヴァー・アルバムで30年ぶりの快挙」
http://news.livedoor.com/article/detail/3276500/


○輝きながら・・・フジカラーTV-CM 南野陽子♪徳永英明(YouTube映像 00:29)
http://www.youtube.com/watch?v=dQH5hbNRtq8


○徳永英明 information(ユニバーサル・ミュージック)
http://www.universal-music.co.jp/tokunaga_hideaki/

 

▼山下達郎

LOFT アーカイブス vol.5 『山下達郎』
 今や日本を代表するポップス職人と呼べるあの山下達郎が、古くはロフトの
  常連出演者だったことを知る若い音楽ファンは最早少ないのではないか。
http://blog.shinjukuloft.com/200510/10-1649.php


○JR Central Christmas Express Yoshimoto Takami(YouTube映像 00:59)
http://www.youtube.com/watch?v=dO4nEuFP3u4


○Nissan -Skyline #2(YouTube映像 00:30)
http://www.youtube.com/watch?v=xDz-atjTgmk


○Nissan -Skyline #3(YouTube映像 00:30)
http://www.youtube.com/watch?v=Drlv7WDUAsQ


○1986 HONDA Integra ad(YouTube映像 00:29)
http://www.youtube.com/watch?v=-gH-yRxNh_E


○Nikon 企業CM 「光の世界」
 ニコンが探求し続ける光の世界を山下達郎さんの感動的なテーマソングと
  従来のCMの枠にとらわれない黄色と黒のスタイリッシュなタッチの映像で
  表現しました。
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/corporate-ad/

 

▼唱歌のカヴァー集『にほんのうた』、坂本龍一

○bounce.com  2007/09/25
 コーネリアス、カヒミ・カリィ、キリンジ、ヤン富田が『にほんのうた 第一集』で
  日本の唱歌をカヴァー
http://www.bounce.com/news/daily.php/11646


○【B面】犬にかぶらせろ!「坂本龍一×エイベックスという全面広告」2006/11/06
http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20061106/avex


○Asian Beauty -Web CM- Kao Asience(YouTube映像01:30)
http://www.youtube.com/watch?v=ucncrrMsNXs


○YMO (Yellow Magic Orchestra) / Rydeen (2007,KIRIN Beer CM)
   YouTube映像00:59
http://www.youtube.com/watch?v=pZ8tK3iFTpw


○資生堂 口紅マジック(YouTube映像00:30)
http://www.youtube.com/watch?v=JIWl6JX0i8Y


○Suntory Limited whisky Yamazaki CM of Ryuichi Sakamoto
      (YouTube映像00:30)
http://www.youtube.com/watch?v=DpzPlgzQbh4


○Ryuichi Sakamoto -New Balance Ad(YouTube映像 00:30)
http://www.youtube.com/watch?v=glEMwTK4v1U


○Ryuichi Sakamoto –Nutrition タケダアリナミンA(YouTube映像 00:29)
http://www.youtube.com/watch?v=GTwu5bc0u7M

 

▼ユニコーン

○80年代後半〜90年代前半を回顧するブログ
 「ユニコーンらしくないこの一曲」 2007/05/17
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/blog-entry-252.html


○ユニコーンはブログもお好き!?
 「元・大マネハムー参上!」 2007/10/23
http://blog.excite.co.jp/unicorn-osuki/6659628/

 

▼井上陽水

○JR East CM(YouTube映像 00:29)
http://www.youtube.com/watch?v=K1zANMgbzMU


○1991 SONY ハンディーカムのスキーセット(YouTube映像 00:29)
http://www.youtube.com/watch?v=j2xkhvGFUd4


○NISSAN CEFIRO CM 1(YouTube映像 00:29)
http://www.youtube.com/watch?v=zHTwJPM9FLo

 

▼あがた森魚

○あがた森魚オフィシャルサイト
http://www.agatamorio.com/


○犬の散歩 「幸子の幸は何処にある」  2007/10/28
http://amitz.cocolog-nifty.com/inu/2007/10/post_9c2f.html

 

▼その他のカバー・アルバム、カバー・ソング情報

○風に吹かれて  2007/07/05
 ニューアルバム『SONGS』をリリースした山本潤子さんにインタビュー
http://mysound.jp/folknewmusic/2007/07/000179.php


○BARKS 「国内アーティストがブルーノート作品をコンピ」 2007/10/25
 日本のクラブシーンを代表する豪華アーティスト達が集結した、前代未聞の
  強力アルバム『ブルーノート・ストリート』が11月21日にリリースされる。
  このアルバムのためにブルーノートの名曲を新録したというカバー・アルバムだ。
http://www.barks.jp/news/?id=1000035108&v=f


○まい・ふぇいばりっと・あるばむ  2007/09/02
 ジョージ・マイケルのカヴァーアルバム
  『ソングス・フロム・ザ・ラスト・センチュリー』
http://blog.livedoor.jp/superozzy5/archives/50929262.html


○[間歇日記]世界Aの始末書 2007/10/10
 『しょこたん☆かばー×2 ─アニソンに愛を込めて!!─(DVD付)』
  (中川翔子/ソニーミュージックエンタテインメント)
http://ray-fuyuki.air-nifty.com/blog/2007/10/2dvd_74c3.html


○アニメ・漫画・フィギュア情報  2007/09/11
 「人気グラドルが相次ぎアニメソングをカバー 人気の秘密はコスプレ」
http://animejouhou.blog.shinobi.jp/Entry/2226/


○アキバインフォ・ドットコム・ブログ  2007/08/24
 U-15ユニット 「カバーソング・ドールズ」 デビューCD発売
 美空ひばりさん、山口百恵さん、キャンディーズさんなどの名曲を
  カバーするU-15ユニット
http://blog.akibainfo.com/archives/64742190.html


○はやともの徒然日記 ガンダム カバーアルバム「哀 戦士・Z×R」2006/04/22
 私は詳しく無いのですが、リッチー・コッツェン というギタリストがガンダムの
  楽曲をカバーしたアルバムです。歌は当然ながら全て英語。このギタリストは
  Mr.BIGというハードロックのグループにいた人だと言うはなしですが、聞いてみると
  かなり素直にアレンジされていて、とても聞き易く、一部の曲を除けば原曲を
  知らない人でも違和感ないんじゃないかな?
http://hayatomo.cocolog-nifty.com/diary/2006/04/_zr_c2c5.html

 

 


  • いただいたトラックバックは、編集部が内容を確認した上で掲載いたしますので、多少、時間がかかる場合があることをご了承ください。
    記事と全く関連性のないもの、明らかな誹謗中傷とおぼしきもの等につきましては掲載いたしません。公序良俗に反するサイトからの発信と判断された場合も同様です。
  • 本文中でトラックバック先記事のURLを記載していないブログからのトラックバックは無効とさせていただきます。トラックバックをされる際は、必ず該当のMediaSabor記事URLをエントリー中にご記載ください。
  • 外部からアクセスできない企業内ネットワークのイントラネット内などからのトラックバックは禁止とします。
  • トラックバックとして表示されている文章及び、リンクされているWebページは、この記事にリンクしている第三者が作成したものです。
    内容や安全性について株式会社メディアサボールでは一切の責任を負いませんのでご了承ください。
トラックバックURL
http://mediasabor.jp/mt/mt-tb.cgi/433