Entry

テレビ化するネットで人は何を視聴するのか?

政府のエコポイントが薄型大型テレビにも適用され、テレビが少しだけ買いやすくなりそうだ。液晶テレビにおいても、PCのVGA入力に対応できるようになっているので、ボクの場合もテレビの使い方が大きく変わってきた。

PCのディスプレイだと、大型といっても24インチ程度で机に向って作業をすることが多い。それが、PCからVGAケーブルをテレビに接続し、マルチディスプレイにすることにより、薄型大型テレビをPCのモニターとしてリビングで「ネットをテレビ化」して活用するようになった。

「ネットをテレビ化」するようになった一番の原因は、YouTubeの高画質化である。「HQ」ボタンを押し、「画面拡大」ボタンを押すと、もうそれがテレビなのか、YouTubeなのかわからなくなる。それだけ、画質がアップしてきているのだ。もちろん、音声もステレオに接続している。

ただ、どうしてもYouTubeだとストリーミング視聴に時間がかかるが、listpod.tv
http://listpod.tv)というサービスを使ってダウンロードすることにより、それが解消された。

listpod.tvのポッドキャストマーク(RSS)をiTunesにドラッグ&ドロップすると、YouTubeの動画をiTunesのポッドキャストとして取り込むことができる。すると、YouTube動画をiTunesの楽曲のように扱うことができ、iPodやiPhoneにも転送して楽しむことができる。

listpod.tvは、YouTubeの公開されている機能を使った独自のマッシュアップサービスである。テレビの業界では考えられないが、ITの業界では、仕様を公開すればするほど新たなサービスプレイヤーが登場し、本来のサービスの価値をも高めてくれる。それと同時に著作権侵害映像なども結果としては、拡散されてしまう性質がある。

iTunesをテレビで視聴すると、まるで動画のジュークボックスが簡単にできてしまったかのようだ。つまりハードディスクレコーダーのようなものだ。違うのはテレビ番組がメインでない点だ。パソコンは常にキーボードやマウスを触っていたいメディアだが、テレビはできるだけ怠惰な状態で観ていたいメディアだ。iTunesがさながら、テレビの番組表と化してきている。

listpod.tvの特徴は、自分でリストを作って登録するのもありだが、他人のリストをそっくりそのままダウンロードすることができる点だ。それなりの時間がかかるが、誰かが作ってくれたリストを視聴するのも、テレビ化したネットコンテンツの新しい楽しみ方のようだ。自分で選ぶよりも楽ちんだ。

ダウンロード済みの動画であれば、次から次へと興味にかられる物だけを見ていけばいい。それで保存するか消去するかもユーザーの自由だ。YouTubeから削除されてしまった映像も自分のハードディスクには保存されていたりする。それがはたして、良いことなのか、悪いことなのか、判断に困るところだが…。

現在、YouTube側では、著作権侵害コンテンツの権利者から削除依頼があってから、アップロードした人を排除する方針である。しかし、その行為に対して罰則があるわけではない。コンテンツを削除し、IDを剥奪するところまでである。しかし、違法者は、新たにメールアドレスを取得し、YouTubeの新規メンバーになれば、違法アップローダーとしての再登録が簡単にできてしまう。

さらに、一度上げられたファイルは、listpod.tvやダウンロードツールで簡単に保存されてしまうから、規制にキリがないというのが現状である。

むしろ、著作権侵害を取り締まるだけよりも、販売促進活動や広告などに使ったほうがいいという考え方も登場してきた。

日本で最も多い著作権侵害事例は、角川ホールディングスが保有するアニメだった。しかし、角川ホールディングスは二次創作した動画の作者に対して、訴訟ではなく、優れた二次創作を公認動画とする取り組みを選んだ。そして、二次創作動画に広告を掲載するという手法を採ったのだ。これは「コミケ」の二次創作による良い面を認めてきたという土壌があったから実現したことだろう。

著作権侵害というのは簡単だが、それだけでは、何も解決できない時代に我々は立たされている。

BitTorrent(ビットトレント)というP2Pソフトの世界では、もっと深刻な事態が発生してきている。公開中の映画やDVDが効率的に配信されているからだ。現在公開中の映画でも、ほとんどが網羅されている。それらが、かなりの時間をかけるとダウンロードできてしまう。しかも、流出元が、ジャーナリストやプレス向けに配布される作品のレビュー用のデータだから、映画産業としては頭の痛い深刻な問題である。

さらに、このBitTorrent(ビットトレント)の方式だと、人気のあるコンテンツは、よりたくさんの場所に保管され、分散して共有されてしまう。人気のある作品ほどダウンロードしやすいということになるのである。

ちなみに、アカデミー賞を独占した「スラムドッグ$ミリオネア」から日本受賞作の「おくりびと」まで、まさに何でもありの世界になってしまっている。

しかし、ここにきて、世界最大のBitTorrentのTorrentファイル検索サイト:
The Pirate Bay(http://thepiratebay.org/)が、スウェーデンの裁判所から、著作権侵害ほう助として、罰金360万ドル、懲役1年の判決を下された。The Pirate Bay側は「違法なファイルをホスティングしていない」として、控訴中である。

この判決は「検索」という行為や「検索リスト」が、著作権侵害ほう助にあたるかどうかで物議をかもしている。

また、Torrentファイルの中には、実行ファイルである.EXE形式の悪意あるファイルなどが含まれていることもあり、ウィルス被害やウィニー事件のような顧客情報の流出にもなりかねない危険性がある。

しかし、自宅のリビングで、ワイヤレスのキーボード&マウスを使い、薄型大画面テレビで最新の映画が見放題となると、コンテンツ消費の動向は大きく変わってしまうことだろう。現に時間のあるアメリカの中高生は、コンテンツにお金を支払うことなく、BitTorrent上に漂流するコンテンツを楽しんでいる。

しかも、いつでも見たい時に視聴できるから、あえて「今」見る必要がなくなるという感覚になってくることだろう。希少性があるからこそ、コンテンツの価値が高かったのだが、違法コピー蔓延の結果として、コンテンツの価値そのものが目減りしてきているように感じる今日この頃だ。

実際にボクの場合、人気のあるプロの作品は、いつでもダウンロードできるので見ずに、いつ消えてしまうかもしれないような素人の作品を、いつしかたくさん「テレビ化したネット」で視聴している。

VHSの時代でも、一番見たい番組は録画しておき、2番目に見たい番組を生で見ていた。そして、一番見たかったものは録画したにもかかわらず、結局、再生されていないことがよくあったことを思い出した。

ネットワークが進化し、クラウド化が進めば進むほど、便利であるがゆえの切実さの減退現象に繋がるような気がした。

 

▼「右側のPCモニターでlistpod.tv  左の液晶テレビでiTunesを視聴する」
http://www.flickr.com/photos/kanda/3464163255/


▼CNET  2008/08/01
「YouTubeはコミケ」「キーワードは愛」--角川社長が語るMADとの付き合い方
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20378222,00.htm


▼ITmedia News  2009/04/20
BitTorrentサイトに「著作権侵害ほう助」で有罪判決
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/20/news040.html

 

 


  • いただいたトラックバックは、編集部が内容を確認した上で掲載いたしますので、多少、時間がかかる場合があることをご了承ください。
    記事と全く関連性のないもの、明らかな誹謗中傷とおぼしきもの等につきましては掲載いたしません。公序良俗に反するサイトからの発信と判断された場合も同様です。
  • 本文中でトラックバック先記事のURLを記載していないブログからのトラックバックは無効とさせていただきます。トラックバックをされる際は、必ず該当のMediaSabor記事URLをエントリー中にご記載ください。
  • 外部からアクセスできない企業内ネットワークのイントラネット内などからのトラックバックは禁止とします。
  • トラックバックとして表示されている文章及び、リンクされているWebページは、この記事にリンクしている第三者が作成したものです。
    内容や安全性について株式会社メディアサボールでは一切の責任を負いませんのでご了承ください。
トラックバックURL
http://mediasabor.jp/mt/mt-tb.cgi/1050